寝起きはどうしても口臭がキツイと悩んでいる方も多いと思います。

そこで、寝起きに口臭がキツイ原因と対策について調べてみました。

 

寝起きの口臭がキツイ原因

寝起きに口臭がキツイ原因は、いくつかの原因が考えられるようです。

中でも一番の原因として、就寝中に唾液が減少し口内細菌が増加することで口臭がきつくなる可能性が高いです。

また、寝起きの場合には空腹のための口臭がキツイ可能性もあります。

実は、空腹時の口臭は胃からくる臭いと思われがちですが、そうではなく空腹時にも唾液が減少していることから、口臭がきつくなるそうです。

ですので、朝食をとることで唾液が増加し、口臭も弱まるので朝食を食べない方は口臭に気をつけましょう。

 

唾液の重要性

唾液は食べ物を飲み込んだりする役目だけではなく、唾液は口内細菌の繁殖を抑える効果があります。

そのため、唾液が少ない場合に口臭が強くなります。

上記で紹介した様に、就寝中に唾液が少なくなることが、口臭の一番の原因となります。

考えてもらうと分かるかもしれませんが、寝起き以外にも緊張をしたときなども口臭がきつくなります。

 

寝起きの口臭の原因は胃にあるのか?

寝起きの原因が胃にあるとすると、それは病気かもしれません。

ですので、上記で紹介してきたように唾液が少ないから、空腹だからではなく胃に何かの不安がある方は、病院で診断を受けることをおすすめします。

その理由は、口臭の原因として、唾液が関係しない場合には、胃などの消化器系の病気も考えられるからです。

ですので、最近胃が不調だと感じていて、口臭がきついと思っている方は、病院で診察を受けましょう。

 

寝起きの口臭の予防

寝起きの口臭予防ですが、原因を考えると分かりますが、就寝中の唾液を減らさないようにしなければいけません。

そこで、簡単な予防法について考えてみました。

 

口を開けて寝ない

就寝中にクセで口を開けて寝てしまう方も多いと思いますが、口を開けて眠ることで口内が乾燥してしまいます。

そうなると、唾液がない状況のため口内細菌が増加し、結果的に口臭の原因となります。

そうならないためにも、就寝中に口を開けて寝てしまう癖を治しましょう。

 

寝起きの口臭対策の歯磨き粉

寝起きの口臭対策の歯磨き粉を探している方もいるようですが、残念ながら寝起きの口臭対策とまではいきません・・・。

理由は、寝る前にしっかり歯磨きをしたとしても、就寝中に口内細菌が増えてしまうために口臭対策は完全にできないからです・・・。

 

寝起きの子供の口臭が強い原因

寝起きの子供の口臭が強い原因は、唾液が減少しての口内細菌の増加だけではなく、子供特有の口臭の可能性もあります。

人は子供の頃以外にも、思春期や妊娠時、加齢などにより特有の口臭があります。

ですので、子供の口臭だからと悩む必要はなく、起きた後にしっかり朝食をとってしっかり歯磨きをするようにしましょう。

それでも口臭が気になるのなら、病院で診察をしてもらうと的確な対策がとれるはずです。

 

寝起きの口臭サプリ

森永オーラバリア

寝起きの口臭サプリですが、管理人はオーラバリアをおすすめします。

オーラバリアをおすすめする理由は、森永乳業の特許成分オーラバリアを含有しています。

オーラバリアは口臭対策となる唾液の力をサポートする成分で、臭いで誤魔化す成分ではなく、口臭の元から改善するサプリメントです。

オーラバリア1粒

朝起きたらオーラバリアを一粒舐めるだけで口臭対策ができます。

また、オーラバリアはラムネ菓子のように美味しく手軽に利用できます。

寝起きの口臭にお悩みの方は、オーラバリアを試してみてはいかがでしょうか?

 

初回980円⇒先着1000名様!森永乳業が開発した優しいレモンミント風味の口臭ケアサプリ